屋外でのミーティング

メンバー紹介

Member

井内 徹
代表取締役

一橋大学経済学部卒。戦略経営コンサルティングファーム ブーズアレンアンドハミルトンを経て、(株)ライフタイムパートナーズに参画。
医療機関や介護事業者に対する経営支援やM&A支援などを行う。
2006年 社会医療法人博愛会相良病院 法人本部本部長に就任。2010年(株)ナレッジハンズを設立、現在に至る。
全日本病院協会広報委員会委員。社会医療法人祐愛会織田病院評議員。

田淵 泰
取締役副社長

慶應義塾大学経済学部卒。ペンシルベニア大学ウォートンスクールMBA。
大手金融機関、戦略経営コンサルティングファーム、総合商社グループの医療・介護経営コンサルティングファーム、大手会計監査法人のコンサルティングファーム及びパブリックセクター部門を経て、
(株)ナレッジハンズに参画
医療機関や介護事業者に対する経営支援やM&A支援などを行う。

乾 敏幸
取締役 

一橋大学経済学部卒。戦略コンサルティングファームを経て、ナレッジハンズに参画。介護事業における総責任者。

小野 真弓
取締役

大手自動車メーカー人事部勤務を経て、人事コンサルティング会社にて人事制度の構築や組織開発、コーチング、研修講師に従事。

再度事業会社に転じ人事部勤務後、ナレッジハンズに参画。
現在、弊社にて人事制度の再構築プロジェクトおよび組織風土改革、コーチング、研修等を担当。

保有資格:国家資格キャリアコンサルタント(16136267)/産業カウンセラー/BSC認定ビジネスコーチ/組織開発AIプラクティショナー/みらい育ティーチャー

青木 忠祐
​シニアマネージャー

大手医療法人グループ医事課職員を経て、自ら在宅支援クリニックを立ち上げる。
在宅支援クリニックを経営する傍ら、ナレッジハンズに参画。現在もプロジェクトマネージャーとして複数の病院経営再建に関わる。

中山 淳
シニアマネージャー

会計事務所にて15年以上勤務後、ナレッジハンズに参画。
現在、弊社にて介護事業の運営にも携わりながら、病院、介護施設の事業計画策定プロジェクトを担当。税務に関する相談にも応じている。

久野 悠一郎
シニアマネージャー

慶應義塾大学理工学部卒。「経営に困る病院を救い、その先にいる患者さんを救いたい」という思いを胸に、外資系製薬企業、医療人材コンサルティング会社、大手医療グループを経て現職。【理系×経営】の強みを活かし、最新のICT技術(python、google cloud等)を取り入れた業務改善、人工知能を用いたデータ分析 、経営管理分野のBIツールによるビジュアライズ等を経験。医療に貢献できる事務職(事務員-X)を目指し自己研鑽に励むと同時に、病院事務部門を対象としたICTセミナー等も行っている。

汐田 秀子
マネージャー

医療法人にて約20年間、理学療法士として従事。病院や診療所の立上げ・拡大も経験。リハビリテーション部の業務改善やリハビリテーションのコンサルティング(介護事業開設に伴う)他、リハビリテーションの総括的な改善に携わる。現在、医療機関・介護事業所におけるマーティング、ブランディング、広報分野にも従事。

武智 聡
マネージャー

急性期病院にて約17年間、医事、病床コントロール、医療連携室、広報、資材(用度)業務を経験。ナレッジハンズに参画後は、医療法人を中心とした診療報酬請求業務、医療連携室業務の支援および現場の業務改善を中心に行っている。

前 孝尚
税理士

千葉大学工学部卒。
地方銀行で融資業務を担当し、中小企業の融資実務に精通。
VCで自社の資金調達を始めとしたファイナンス業務と開示業務および投資先の調査業務を担当。
ほか国内製造業の管理部門で、原価管理業務、生産管理システムの導入、退職金制度の設計等にも従事した。現在は、事業再生時における債権者対策やファイナンス支援などに力を入れている。

久保 耕一

医療法人にて約20年事務長として勤務。病院の経営管理、財務、行政法令、人事、医事、資金調達、IT、新規開設、移転建替など、多岐にわたり経験。
2016年よりナレッジハンズに参画。現在、医療法人・社会福祉法人等の経営支援、M&Aなどのコンサルタント業務に従事。

藤井 佑実

(株)ライフタイムパートナーズにてコンサルタントアシスタントとして医療機関や介護事業者に対する業務改善プロジェクトに参加。
その後、外資系メーカ、システム会社にてsalesforce導入コンサル業務を担当。2016年3月より株式会社ナレッジハンズに参画。

成田 一徳

​国内大手システムインテグレーターにて、総合電機メーカーの基幹業務システムの開発、保守業務に従事。SCMシステムのIFRS対応、ITコスト削減の抜本改革等を担当。その後、鹿児島県内の地場企業にて、医療情報、GIS関連のWebシステム導入を経験。経済産業省推奨資格ITコーディネーター、PMP保有

倉田 曜徳

医療法人及び訪問事業所で理学療法士として4年間従事。その後、マレーシアの現地NGOが運営するリハビリテーションセンターで国際協力事業に携わり、リハビリテーション技術移転、業務体制マネジメントや企画運営など、リハビリテーションサービス事業の拡大に貢献した。マレーシア政府機関で医療福祉サービスの普及活動及びその整備に努めた。ナレッジハンズ参画後は医療法人を中心に経営支援に従事している。

久松 さおり

鹿児島市立病院に看護師として勤務後、病院の広報業務に興味を持ち、病院の広報誌やホームページの作成を行う会社を立ち上げる。その後、医療法人の事務長として在宅医療クリニック、複数の介護事業所の立ち上げ、経営管理、財務、人事管理、広報等幅広く事務業務に従事。
これらの経験を活かした医療介護の経営支援を行いたいと経営コンサルタントを志し、ナレッジハンズに参画。子会社である介護事業部門の事務長も兼任。看護師、介護支援専門員資格保有。

藤原 聡子

都内大学病院に7年間、看護師として勤務しながら、慶應義塾大学院健康マネジメント研究科看護学専攻看護管理/政策分野を修了。「患者に良い医療を提供するためには、医療者が働きやすい環境を作ることが大切」をモットーに医療の質向上と経営改善の両立を目指し、医療機関における経営、人事・労務部門の改善を行う。2021年よりナレッジハンズに参画。

中村 義隆

岡山大学医学部を卒業後、医療法人で診療放射線技師として15年間勤務し、国内外での学術活動や院内でも様々なプロジェクトを経験。前職在職中に、グロービス経営大学院を卒業し、MBAと国家資格キャリアコンサルタントを取得。

"医療従事者の笑顔の連鎖"の志のために【医療×MBA×キャリアコンサルタント】のシナジーを病院組織と個々のの医療従事者に届けるべく、ナレッジハンズに参画。医療法人を中心にデータ分析から業務改善まで幅広く担当している。

清家 崇之

4年制大学医用工学部卒業後、公益財団法人の病院にて臨床工学技士として12年間従事し、血液浄化・循環器・手術室・機器管理等の様々な領域を担当。

これらの経験を活かし、今後さらに進歩していく医療機器や医療システムの適正な導入サポートを医療機関に提供するためナレッジハンズに参画。現在は主に透析事業やオペ室改善を中心に、現場改善業務を担当。

上田 周誠

中央大学理工学部卒。日本アイ・ビー・エムデジタルサービスにて、大学病院向けの電子カルテ入替・導入業務に従事。前職の経験を活かし「医療従事者とその先の患者様に貢献したい」という思いから経営コンサルタントを志し、2021年よりナレッジハンズに参画。

渡辺 健太郎

社会福祉法人や医療法人に15年以上介護福祉士・作業療法士として勤務。
林ケアサポート株式会社設立時、デイサービスの立ち上げに従事。ナレッジハンズ参画後は、デイサービス管理者及び生活相談員など現場に携わる傍ら、林ケアサポート株式会社管理部主任として運営・管理業務に従事している。