経営再建

急性期病院(約400床)

  • 新病院建て替えに伴い、年間4〜5億円の赤字

  • 収入増に向けた活動や病棟再編、人員配置の適正化、委託費の改善などで、数億円の改善を実行中

整形+回復期リハ病院(約100床)+老健(70床)+他、複数介護事業

  • 数年前より経営改善スタート。当時、年間約8,000万円の赤字であった

  • 収益改善に入り、1年で黒字化達成。現在も経営サポートを継続し、毎年約6〜8千万の利益を確保

ケアミックス病院(約100床)

  • 数年前より経営改善スタート。当時、年間約1億円の赤字であった

  • 収益改善に入り、下期で単月黒字化達成。2年目に単年度黒字達成。

  • 一旦、プロジェクト終了したが、赤字に逆戻りし、今年度より再度経営再建プロジェクト再スタート

急性期病院(約50床)+老健(70床)+特養(100床)+他、複数介護事業

  • 数年前より経営改善スタート。当時、年間約1億円の赤字であった

  • 収益改善に入り、1年で黒字化達成。現在も経営サポートを継続し、毎年約5〜7千万の利益を確保

急性期専門病院(約50床)

  • 数年前より経営改善スタート。当時、年間約8,000万円の赤字であった

  • 収益改善に入り、1年で黒字化達成。

  • 現在もプロジェクト継続中で、専門領域のオペ件数で全国トップ10に。M&Aを実行し、増床計画を実行中

急性期専門病院(約50床)

  • 数年前より経営改善スタート。当時、年間約1億円の赤字であった

  • 収益改善に入り、1年で黒字化達成。現在は、人事制度構築や新病院建設計画立案に関して支援継続

  • 専門領域のオペ件数も全国トップ10を維持

急性期病院(約200床)

  • 1年前より経営改善スタート。当時、年間2.5億円の赤字。弊社スタッフ1名がほぼ常駐し、改善活動を担当。

  • 1年で赤字が約3分の1に。現在、単月黒字の月と若干赤字の月が行ったり来たりの状況。今期、単年度黒字を目標に継続して支援

グループで数千床を保有する医療法人を支援

  • グループの中で経営再建が必要な病院を順次サポート

  • 関与した各病院が数千万円から数億円の改善を実現

Copyright © 2020 KNOWLEDGE HANDS.